初マラソンを2時間30分台で走れた練習方法

      2018/05/15

woman-1562560_640

これから書くことは、僕の経験談だ。

僕は1年間、この練習で、初マラソンを2時間30分台で走ることができた。

僕の1年間という時間(24時間×365=8760時間分)がここにまとめてあるといっても過言ではない。

ここに書いてあることを、これから練習の計画を立てるのに参考にしてほしい。

目次
・1 距離走は必要
・2 ビルドアップ最強説
・3 ペース走
・4 スピード練習
・5 足が痛くなったら無理しない
・まとめ

1 距離走は必要

まずこれだけは言っておきたい。

フルマラソンを完走したいなら、距離を走ろう。

なんだかんだ言って、ある程度の距離走は必要だ。

たまに、フルマラソンの練習に距離は必要ない、スピード練習が大事という人がいる。しかし、それは違う。

スピード練習だけでなんとかなる人は、もともとある程度の実力がある経験者に限られる。

ましてやランニング初心者の人にとって、スピード練習はケガのリスクも高い。だからスピード練習なんていきなりやるもんではない。

まずは、ゆっくり長く走ることになれることが必要だ。その上で体ができてきたら、スピード練習を少しずつ取り入れていけばいい。

話を戻そう。とにかく距離走をしよう。

どれくらい走れればいいかというと、20キロいけるようになれば問題ない。

もちろんそれ以上の距離をいけることに越したことはない。それでも、せいぜい30キロいければ大丈夫だ。

フルマラソン日本記録保持者の設楽選手も30キロ走までしか練習しないと言っている。

 

続きはnoteでご覧いただけます。

 - ランニング, ランニング練習方法, 有料記事