オリンピック、世界陸上などにおけるマスコミの煽り報道の弊害。スポーツの祭典?お金の祭典?

      2018/07/22

athletics-2517687_640

必要以上に選手たちを煽る各種競技連盟やマスコミは、ウサイン・ボルトの言葉をもう忘れたんですかね?

 

せっかくいいこと言ってくれたのに。

 

もう一回思い出すべきなんじゃない?

 

スポーツの祭典のはずが、スポンサー(お金)ばかりに気を使って正しい報道ができてないよね。

ウサイン・ボルトが日本陸連に提言

陸上選手で男子100mの日本記録保持者、桐生選手と対談したときのウサイン・ボルトの言葉です。

最後に1つ、いいかい。日本の陸上界にいいたい。

桐生にあまりプレッシャーをかけないでほしい。

いいか、桐生。自分のために走れ。それが国のためになればいい。

まずは『自分のために走る』。そして『楽しむ』。

それが日本のためになるんだ。決して国のためだけに走ってはだめだ。

引用 NEWS 23 より

当時、このウサイン・ボルトのこの言葉にSNS上では大きな反響がありました。

陸上界に限った話ではない

このときボルトは、日本陸連へ提言したわけですが、この言葉ってすべての競技に当てはまりますよね。

 

マスコミは視聴率がほしいからって必要以上に煽りすぎ。

ワールドカップとか煽りひどいよね

特に煽り報道が顕著だと感じるのはワールドカップかな。

 

戦力的に考えて、正直、決勝トーナメント進出厳しいな〜ってときでも「いけますよ!チャンスありますよ!」っていうじゃん?いやいや、別にそういうのいいから。

 

そりゃ決勝トーナメントいってくれたらうれしいしすごいけど、過剰に期待するのは選手にとって酷だろ。

 

ちょっと話それるけど、本当、第二次世界大戦のときの思考と変わってないよね。

 

冷静に考えて、日本がアメリカに勝てたわけないのに。気持ちがあれば勝てるだの、根性論だの馬鹿すぎ。

 

そういう馬鹿げたトップの思考のせいで、どれだけの人が命を失ったかって話ですよ。

プレッシャーは競技に悪影響を及ぼすことは研究で明らか

話を戻して、期待をしてくれるのはうれしいだろうが、それが行き過ぎるのはいかがだろうか?

 

そんなにプレッシャーを与えてしまっては、選手は最高のパフォーマンスを発揮できないでしょ。

 

いくつもの研究で、プレッシャーがパフォーマンスに悪影響を与えることはすでに証明されてる。

心理的プレッシャーは、精神的・情緒的な混乱などを引き起こすだけでなく、生理的振 戦を誘発し、これにより身体運動に直接的に関与する骨格筋の制御に悪影響を及ぼすことが明らかになった。

引用 公益財団法人ミズノスポーツ振興財団助成研究 研究報告書

金もらってるんだから選手として結果出せ?

たまにいるんですよ。選手もプロだろ、結果出して当然みたいなこという奴が。

 

だったら、パフォーマンスに悪影響が出るような過剰なプレッシャーかけんな。

 

最高のパフォーマンスが出せる環境を用意してから言え。

マスコミがやってるのは、「この人今から面白い話するよー」ってクソみたいなフリと同レベル

必要以上にプレッシャーを与えるこの状況は、「この人今からめっちゃ面白い話してくれるらしいよー」っていうハードル上げるクソみたいなフリと同じですよ。

 

こんな前振りされたら、実際面白いのになんかつまんなく感じて高確率でスベリ倒すでしょ。

オリンピックに出るだけでもすごいレベル

マスコミがやたらメダル獲得を煽ってるけど、オリンピックで4位とか5位になるのもすごいことだし、何なら出場するだけでもすごいことでしょ。

 

でも、オリンピックでメダルを逃そうものなら選手を叩くような見出しをつける

 

本当に信じられない。日本国民の所業ではないよね。世界のトップと戦った選手を讃え、ねぎらうのが人としてのあるべき姿なんじゃない?

 

もう一度、ウサインボルトの言葉を思い出してほしいな。

 

競技連盟やマスコミは自分たちの利益の追求ではなく、アスリートファーストを実践するべき。

まとめ

競技連盟やマスコミの煽り報道はいかがなものか。

プレッシャーはパフォーマンスに悪影響を及ぼす。

もう一度、ウサイン・ボルトの言葉を思い出せ。

 - 考え方, 豆知識