音楽を聴くこと楽器を演奏することがランニングに繋がる!?

      2018/10/07

shiosio_kasdfjk_TP_V4

個人的な趣味で、楽器を演奏しています。

主にアコースティックギターで演奏してますが、ピックで弦をストロークしてトップ材・サイド・バック材が揺れて、サウンドホールから出てくる響きが好きです。

アコースティックギターの特徴として合板・単板といったボディ材の違いがあって出てくる響き方も違いますし
使用している木材によっても音の違いがありますが、結局は自分が気に入っているか気に入っていないかということが継続して演奏できるかできないかのポイントだったりしますが、バレーコードが演奏できるようになれば長く演奏し続けることでしょう。

アコースティックギターの良いところ、押尾コータローさんのような演奏もできること。

上の動画を見ても分かりますが、1本のアコースティックギターでパーカッシブな音であったりメロディやコード音を鳴らすことができます。

注意点は、プロの方は専属のメンテナンスする方がついているのでボディヒットといってボディを叩くことで木が割れたりする可能性をできるだけ少なくできますが、メンテナンスする方がついていない場合は、ボディを叩くと木が割れてしまったりしてしまう可能性が上がるので気を付けた方がいいですね。

アコースティックギターはリズムを掴みやすい

アコースティックギターのピックキングストロークは、リズムキープをしながら4分音符・8分音符・16分音符など様々なリズムに合わせてストロークをするので、リズムを身につけやすいです。

初めて演奏した時は、このストロークがとっても難しかったのを思い出します。
そもそもピックを持つ手、右利きなので右手でピックを持ってストロークをするわけですが、ピックを掴んでる指だけ力を入れることが慣れないととっても難しいです。
右手首にも力入ってしまうし、指先の力を抜くとピックがどこかに飛んでってしまうし(笑)
とっても苦労しました。

リズムが身につけば、後はランニングに活かすだけです。

どの楽器を演奏しても、どの曲を聴いても、自分の中にリズムを身につけることが大事で、正しいリズムを身につける方法は、メトロノームに合わせて演奏することや曲を聴きながら体を動かしてみることが大事です。

特にアコースティックギターのピッキングストロークは、ある一定のリズムに合わせてキープすることが大事なのでメトロノームに合わせて練習することが大切です。

それと同じくランニングもある一定の速度を保ち、走り続けることが大事です。
その為に日常の中に楽器を演奏する趣味や曲を聴く習慣を身につけましょう。

 

 - ランニング練習方法, 趣味