iPhone買うならストレージ容量は大きいのがいい。少ないのを買うと後悔する話

      2018/10/07

boy-1637188_640

iPhoneを購入するときは、ストレージ容量の大きいものにしましょう。

 

私は、ケチってストレージ容量の少ないiPhoneを購入しましたが不便すぎて後悔しています。

 

ストレージ容量によって多少の金額差はありますが、ケチる必要はないです。

 

データ容量の大きいiPhoneがおすすめです。

 

今回はそんなお話です。参考にしてみてください。

iPhoneのデータ容量は大きいのがいい

私が現在使っているiPhoneは、ストレージがギリギリでとても不便です。

 

データ容量が少ないとどれくらい不便で、後悔するかということを簡単に紹介します。

容量が少ないとアプリのアップデートができない

まず、アプリのアップデートができません。

 

いちいちアプリを削除して、App Storeから再びダウンロードするはめになります。

 

なんなら容量が少ないのでアプリのダウンロードすらできないこともあります。

容量が少ないとカメラが使えない

カメラで動画も撮れません。

 

写真すら撮れないときもあります。

容量が少ないとLINEのメッセージ、画像も読み込めない。

さらにLINEもスタンプや画像を読み込めません。さらにメッセージも読み込めないときもあります。

iPhoneのデータ容量を増やすため写真や動画を削除する日々

上記のようなことになる度に、アルバムからいらない写真や動画を削除したり、使わないアプリを探して削除したりする日々です。

 

マジでめんどくさいです。

 

写真に関してはグーグルフォトを使えばなんとかなります。

 

しかし、写真を撮りすぎたあとでグーグルフォトをインストールしようとすると、容量不足のためグーグルフォトをインストールすることすらできない状態になります。

 

はじめにインストールしておくことをおすすめします。

「自分はそんなに写真撮らないし音楽も聞かないからストレージ容量少ないiPhoneにしよう」という考えは甘い。後悔する。

私は写真をそんなに撮らない人間です。インスタもやっていなければ、SNSはアカウントだけ作って放置しているタイプの人間です。

 

スマホで音楽も聞きません

 

だからストレージ容量は小さいiPhoneでも余裕だろうと考えていました。だってその方が機種代も安いし。

 

しかし、その考えは甘かったです。

 

いくら写真をそんなに撮らないとはいえ、蓄積すればあっという間にストレージがいっぱいになります。

 

そして、先述したようなアプリがダウンロードできないなどの不便さを身をもって味わうことになります。

 

写真を撮らない、音楽を聞かない人でも少し多めにお金を払ってストレージ容量の大きいiPhoneを買うことをおすすめします。

まとめ

iPhone買うならストレージ大きいものを買おう!

 - ライフハック, 豆知識