柔道整復師になるための勉強の仕方

   

tsuchimoto0I9A6617_TP_V

柔道整復師を目指す学生さんのために、勉強方法を簡単にアドバイスします。

ちなみに、私はジャパン模試の全国順位で1桁になったことがあるレベルの成績でした。

勉強方法には合う合わないがありますが、ぜひ参考にしてみてください。

教科書を読む!これに限る!

私がおすすめする勉強方法はとにかく教科書を読むということです。

基本的に国家試験は教科書の内容から問題が作られます。

なので、教科書に目を通せばいいのです。

具体的な勉強方法

教科書を読むといっても、重要なポイントをある程度絞ります。

ただ、そのポイントを絞りすぎてしまうとそれ以外の内容が入らなくなります。

それは避けなければいけません。

まずは、広く浅く知識を取り入れるつもりで教科書を流し読みします。

そして、2〜3回流し読みしてある程度読み慣れてきたら、ゆっくり意味を考えながら読んでみましょう。そうすると理解できるようになります。

教科書に線を引くなら青の暗記ペンを使おう!

教科書を読むときにマーカーなどでラインを引くといいです。

おすすめは青の暗記ペンです。青の暗記ペンはインクが裏写りせず、線を引いたところの文字も見やすいのでストレスが減ります。

暗記ペンでマークしたとこを赤の透明の下敷きチェックシートをかぶせると、黒く塗りつぶされて隠れます。

緑の暗記ペンはよく使われていますが、緑のペンだと教科書のページの裏にまでインクがにじむことがあります。

正直、きたなくなってかなり見づらくなりますし、下敷きがない状態での教科書の字がとても見づらいです。

なので緑の暗記ペンはおすすめしません。

教科書を読む時は漫画を読むつもりで!ストーリーを意識するといい!

教科書を読む勉強方法ですが、コツとしては漫画を読むようなつもりでストーリーや展開を意識すると頭に残りやすいです。

本を読むのは嫌いだけど、漫画はよく読むという人は多いと思います。

それは、漫画にストーリーがあるからで、次の展開はどうなるのだろうという好奇心からきます。

教科書を読むときもそういう気持ちで読んでいくと、意外とおもしろく感じるものです。

騙されたと思ってぜひ試してみてください。

柔整の専門学校の勉強法

国試の勉強としては、教科書を読むことがベストです。

しかし、学校のテスト勉強となると教科書だけでは対策しきれません。

ここからは柔整の学校の定期考査の勉強法について書いていきます。

各教科の先生のプリントを見る

学校のテストだと、教科書以外に講義プリントの内容から出題されることもあります。

授業中に先生が時間をかけて説明していたところは、テストに出る可能性が高いので確認しておきましょう。

先輩たちからの情報

先輩の学生からの情報も取り入れていきましょう。

あの教科の先生は教科書読めばなんとかなる、逆に教科書よりも講義プリントを読んでおいたほうがいい。など先生によって傾向があります。

先生のテストで傾向がわからない場合は先輩からの情報を頼りましょう

まとめ

基本は教科書を読もう!

教科書を読む時はストーリーを意識するといい!

マークをつける暗記ペンは青が見やすくておすすめ!

 - ライフハック, 豆知識