詳しいプロフィール

こんにちは。

 

このブログの管理人です。

 

このブログは、陸上競技経験者の2人が書いているわけですが、どんな人たちが書いているか少しだけ詳しく自己紹介します。

高校時代の同級生

私たちは高校時代の同級生です。

 

 

その高校の陸上部で3年間ともに過ごしました。

 

 

はじめは2人とも1500mや5000mなど長距離種目を専門にやっていました。

 

私たちはスポーツ推薦で入学してきたのでそれなりに活躍を期待されていました。

関連記事 スポーツ推薦で高校進学はリスク?メリット、デメリットは?

 

しかし、現実は甘くはなくランニング障害や貧血に悩まされ思うような結果はなかなか出ませんでした。

 

 

当時はランニング障害に対する知識もなかったので怪我に対する意識が低かったです。

 

 

このブログでは、当時の私たちと同じように足の痛みに悩むランナーにとって役立つ記事がいくつかあります。

 

それらを読んで参考にしていただければ幸いです。

関連記事 「ランニング障害」のカテゴリ記事一覧はこちら

 

貧血でまともに走れなくなってからは競歩をやることになりました。

 

 

競歩をすることでムダのない効率的な体重移動が身につき、走らなくてもキロ5分よりも速いペースで楽に歩けるようになりました。

 

 

日頃のトレーニングの成果が実を結び、高校3年になる頃には5000m競歩のタイムで全国ランキングが14位になることができました。

 

 

この競歩のメソッドについて書いた記事もあるので、楽に速く走りたいランナーのかたは参考にしてみてください。

関連記事 今日からランニングが変わる!ランニングをするために身につけたい重心と体重移動

 

練習方法以外にも、陸上やランニングをやるなら持っておいたほうがいい便利なアイテムを紹介してる記事もあります。

 

元ガチ陸上部だった私たちが紹介するので役に立つこと間違いなしです。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事 「ランニングアイテム」のカテゴリ記事一覧はこちら

大学時代

1人は大学に進み、陸上競技を続けました。

 

大学では、体育学部で体のことや指導方法などを勉強しました。

 

体のことの勉強をしたこともあり、陸上競技の成績も伸びました。

 

全日本大学駅伝の東海学連選抜候補選手として、日本郵政の鈴木亜由子選手の母校「名古屋大学」との合宿にも参加させていただきました。

関連記事 名古屋大学の陸上部と合宿した時の練習メニューの話

 

やはり体のことを知っておくと、パフォーマンスも上がります。

 

この経験からブログには解剖学や生理学に関する記事もあります。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事 ランニングフォームを改善して速く走りたいなら、筋肉と骨について知るといい

そして社会人

大学卒業後は社会人として会社に就職しました。

 

まだアラサーの私たちですが、転職したり、社会人をやめて専門学校に入学しなおしたりとそれなりに経験してきました。

 

このブログでは、仕事や転職などに関する記事もときどきあります。働き方で迷っている方の参考になれば幸いです。

関連記事 新卒入社1年目でもブラック企業なら辞めろ!26歳で専門学校いっても就職できる

柔道整復師という国家資格を持ってるよ

最後になりますが、管理人の片方は柔道整復師という国家資格も持ってます。

 

社会人やめて、専門学校に入りなおして勉強したそうです。

 

国家資格を取るための勉強法などの記事もあるので、柔整師を目指す人や興味がある人は読んでみてください。

関連記事 柔道整復師の国家試験に合格した勉強法

公開日: