高校野球・東邦高校のチャンステーマ・モンキーターンの応援がかっこいい!

      2017/12/03

architecture-1851149_640

愛知の高校野球の名門、東邦高校の応援ってかっこいいですよね。

 

野球部の実力があるのはもちろん、東邦高校の吹奏楽部はなんと全国どころか世界レベルなんです。

 

そんな吹奏楽部の活躍もあり、東邦高校の試合は見ても楽しい聴いても楽しいと評判です。今回は東邦高校の応援を紹介します。

盛り上がる!愛知・東邦高校の応援!

We are〜SHOW TIME

まずは、東邦の攻撃の最初に必ずやる「We are 」。いろんな学校もやってますが、東邦高校は語呂が良いのでリズム良く聞けますね。仙台育英とかはちょっと無理矢理言おうとしてる感があります。笑

「We are」のあとはSHOW TIMEにつながります。こちらもかっこいい!

SHOW TIMEの元ネタは湘南乃風

SHOW TIMEの原曲となっているのは湘南乃風の曲です。

奇跡の逆転を呼んだロッテチャンステーマ1

2016年の夏の甲子園、八戸学院光星戦の逆転サヨナラは有名ですね。

応援を味方につけるとはまさにこのこと。完全に流れが変わりました。アルプスだけでなく球場のみなさんがタオルを回して東邦の後押しをしていました。

光星戦の逆転サヨナラ

 

タオル回し禁止の流れはおかしい

今年になって、大会側が甲子園の応援でのタオル回し禁止を要請していることがニュースになりましたね。

私はタオル回し禁止には反対ですね。がんばっている選手を応援するって素晴らしいことだと思うんですけどね。それが禁止ってさみしすぎるよね。

そりゃ観客に頼みに行って応援を強制するとかはダメだと思うけどそういうのじゃないしね。必死で戦う選手たちに観客が心動かされて自然にやってるわけだから、それを禁止するのはおかしくない?そういうの全部ひっくるめて高校野球だよね。

こういうくだらない規制すると応援を楽しみにくる人も減るし、高校野球の人気もなくなるんじゃないかな。

そもそも勝利至上主義がクソ

最近の高校野球はわりと野球を楽しもうという流れになっていますが、それでもまだ根強く残っているのが勝利至上主義です。

これが諸悪の根源だと思います。勝つためならなんでもいい、負けることは許されないなんて高校野球は教育の一環のはずなのにおかしいよね。

そりゃ勝つことはうれしいけど、負けることは別に悪いことではないよね。負けたらその時は相手の技術や戦略が上手だったってことを認めて、相手を讃えましょうよ

まあ無茶かもしれないけどさ、あの時の光星の投手もあの場面を楽しむくらいのつもりでいけばメンタルやられなかったんじゃない?その楽しむことさえ許さなかったのが、勝たないといけないっていう勝利至上主義

プロじゃないんだから勝ち負け気にしすぎないで高校生らしく楽しく野球をやればいいよ。

東邦のモンキーターンは日本一

話を元に戻します。

高校野球のチャンステーマとして人気のモンキーターン。

いろんな学校がやってますが、個人的には東邦が日本一だと思います。習志野高校も上手だと思うけどやっぱ地元補正もあって東邦のがかっこいい。

モンキーターンの原曲

原曲は千葉ロッテかと思いきや、そもそもその元ネタが競艇漫画「モンキーターン」なんです。

競艇、パチスロって字面は高校野球的にどうなの?って思うけど、この曲かっこいいし盛り上がるからそんな細かいことはどうでもいいか。笑

まとめ

東邦高校の応援がすごい!

すごすぎて球場全体を味方につけて9回裏9−5から逆転サヨナラの奇跡!

応援の力って大事!

 - 部活, 野球