CCT社チルチューブ(ネックゲーター)のランニング使い心地や感想

   

9b8034b6528880d518edfe7329c4f68b_s

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績

東海選手権5000m競歩第2位

フルマラソン2時間36分台

5000m14分台 など

さて、今回はクールコンフォートテクノロジーズ(CCT)社製のチルチューブのレビューを書いていきます。

CCT社のチルチューブのレビュー

チルチューブはCCT社の商品です。

日焼け対策やネックゲーターとして使います。

また、新型コロナウイルス対策として鼻や口元を覆うことができます。(ネックゲーターが対策になるのかどうかは置いといて)

CCT社のチルチューブのうれしいところは接触冷感機能があることです。

水につけて、しぼって使うだけでひんやり感を感じることができます。

生地も薄く、軽いのでランニング中もそんなに気にしなくてすみます。

触り心地は、ユニクロのエアリズム(いわゆる機能性インナー)のような感じで、サラッとしているので気持ちいいです。

首元が冷えることで、頸動脈という首元の大きい血管を流れる血液を冷やすこともでき、体温の上昇を抑える可能性もあります。

体温の上昇を抑えることはランニングのパフォーマンス低下を防ぐことができます。

首元の日焼け対策もしつつ、体温の上昇パフォーマンス低下を防げるのはうれしいですね。

口元を覆うときには、耳に引っ掛けて使うことになります。他の製品には、耳にかけるような部分があるものもありますが、チルチューブはありません。

生地は薄いとはいえ、さすがに鼻や口元を覆うと若干の呼吸のしにくさはあります。

とはいえ、LSDや疲労抜きのジョグなど、ペースをそこまで上げないようなら問題はなさそうです。

チルチューブの評価まとめ

日焼け対策、冷感機能がうれしい。

生地は薄く、軽いので気にならない。

ランニング中に、鼻や口元を覆うとさすがに少し呼吸しづらいが、ペースをそこまで上げないのなら問題なさそう。

CCT 冷感 速乾 スポーツタオル チルチューブ 日焼け防止 首ひんやり クール 長さ38cm (ライトピンク)

 - ランニングアイテム