ランニングシューズの普段履きは変?変ではないがやめよう。おすすめしない。

   

shoes-1260718_640

最近のランニングシューズはデザイン性がいいものが多いです。

 

そのため、トレーニングのとき以外にも普段履きしている方も多いです。

 

私服に合わせても、おしゃれなランニングシューズなら違和感もありません。

 

しかし、タイムを求めるレベルのランナーなら、ランニングシューズの普段履きは避けましょう。

 

今回はその理由を書いていきます。参考にしてください。

ランニングシューズの普段履きをやめるべき理由

なぜ普段履きをやめたほうがいいのか。結論から申し上げます。

 

ランニングシューズの消耗が早くなるからやめたほうがいいです。

 

これに尽きます。

ランニングシューズを普段履きすることのデメリット

普段履きをしていることで、グリップ力やクッション性といったランニングシューズにとって大切な機能が消耗してしまいます。

 

趣味レベルで走るランナーなら、気にしないかもしれません。

 

しかし、趣味レベルで走っていても記録を求めるレベルのランナーにとっては、こういうこまかいところも気をつけるといいですよ

ランニングシューズの普段履きでグリップ力がなくなる

グリップ力がなければスピードが出ません

 

ラストスパートやスピードがものをいう勝負所において、シューズのグリップ力がないのは致命的です。

 

あと1秒で自己ベスト更新だったとしましょう。

 

グリップ力があるシューズだったら自己ベストが出せたのかもしれませんね。

ランニングシューズの普段履きでクッション性がなくなる

クッション性がなければ長い距離を走ることができません

 

 

走行距離が全てではありませんが、強いランナーはみんなある程度の距離を走り込んでいます。

 

 

記録を伸ばしたいと考えているなら、それなりに走りこまないといけませんよね。

 

 

距離を走れば足へのダメージも蓄積します。

 

 

そのダメージから守ってくれるのが、ランニングシューズのクッション性です。

 

 

普段履きによって、無駄にクッション性を消耗するのはもったいないことです。

 

 

また、レース中でもまだ呼吸は楽だけど、足にきてしまって走れないといった経験はないでしょうか?

 

その問題も、シューズのクッション性が解決してくれます。単純にクッション性があれば足は疲れにくいですから。

ランニングシューズは大切に履こう

スポードも距離も、どちらもランナーが成長するために必要なトレーニング要素です。

 

 

これらを犠牲にして、普段履きにするメリットがあるのか疑問です。

 

 

どうしても街なかなどで普段履きとして使いたいのなら、レース用と普段履き用と分けるのがベストな方法です。

まとめ

速く走りたいと思ってるランナーなら、ランニングシューズの普段履きはやめよう。

クッション性とグリップ力が消耗する。

どうしても普段履きしたいなら、レース用と普段履き用と2つ用意するべし。

 - ランニングアイテム