口呼吸は鼻呼吸よりランニングパフォーマンスを低下させるかもしれない件

   

running-573762_640

走るときに気になることのひとつに呼吸があるのではないでしょうか?

口呼吸がいいのか?鼻呼吸がいいのか?

結論としては、少なくとも息を吸うときは鼻から吸うようにしましょう。

今回は、著書「座りすぎケア完全マニュアル」から口呼吸と鼻呼吸についてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。
本を読む時間がないなら耳から聞く!Amazonオーディブルを30日間無料お試し!
このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

走るときは鼻から息を吸う

走るときに口と鼻のどちらから息を吸えばいいのかという問いに対しては、鼻から吸うが正解です。

鼻を通して息を吸い込むことで、首、顔、顎の筋肉をリラックスさせることができます。

筋肉の無駄な緊張がなくなるのでランニングの動きを妨げにくくなります。

鼻呼吸のメリット

なぜ鼻から吸うといいのでしょうか。

鼻の気道は口の気道より細いです。

そのため、呼吸ではたらく横隔膜の抵抗を増やすことで長く深く呼吸させることにつながります。

深く呼吸ができるということは、身体の細胞に必要な酸素を多く取り入れることにつながります。

ちなみに口呼吸では、それができないので交換する空気全体の量を低下させる傾向があります。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

ランニング中の呼吸は、鼻から吸うようにしましょう。

鼻を通して息を吸い込むことで、首、顔、顎の筋肉をリラックスさせることができます。

鼻呼吸は、横隔膜の抵抗を増やすことで長く深く呼吸させることにつながります。

今回の参考文献は、著書「座りすぎケア完全マニュアル」でした。

最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - ランニング練習方法, レース・大会