夏の暑い日のランニングにはユニクロのエアリズム(AIRism)が最高!

      2018/10/07

sunflower-1627193_640

ユニクロのエアリズム製品を着たことはありますか?

 

ひんやりしてサラッとして、着ていてめちゃくちゃ気持ちいいですよね。しかも速乾性もよくて機能性も文句なしです。

 

これから暑い日が続きますが、ユニクロのエアリズム製品を使ってランニングしてみてはいかがでしょうか?

エアリズム(AIRism)とは

テレビのCMで見たことがある人もいると思いますが、エアリズムは言わずと知れたユニクロが販売しているインナーです。しかしただのインナーではないんです。

エアリズムの特徴

エアリズムインナーには、普通のインナーにはない特徴があります。

 

通気性、消臭、ドライ、風合い、接触冷感、ストレッチ、抗菌防臭という特徴があります。

 

これだけ機能があるので値段は税抜き990円ですがそれだけの価値はあります。

 

なるべくセールのタイミングを待って少しでもお得に買いたいですね。

女性用商品にはスポーツ用にデザインされたエアリズムもある!

エアリズムの機能は素晴らしいのですが、さすがにインナーを着てランニングするのは気が引けますよね。

しかし、女性ランナーにはうれしいことにエアリズムのデザインTシャツがあります。

これなら安心してランニングができますね。

エアリズムがランニングにいい理由

エアリズムを着ることで涼しく感じる理由は、エアリズムに使用されている繊維に違いがあるからです。

エアリズムの最大の特徴は、繊維の極細化により実現した“滑らかな着心地”。メンズは東レとの共同開発による、髪の毛の約1/12と極限まで極細化した特殊なマイクロファイバーを採用することで“着心地ゼロ”の快適さを実現。さらに、“ドライ(吸汗速乾)”機能を付加し、汗による不快感や汗染みなどの悩みも手軽に解消できる。

一方、ウィメンズは、世界で唯一、旭化成だけが生産している天然由来の繊維「キュプラ」と東レのマイクロナイロンを融合させたハイブリッドな糸を使用し、非常にソフトな肌触りを実現するとともに、“吸放湿”及び“放熱”に優れた機能を付加することで、汗によるべたつきや冷房による汗冷えなど女性の悩みを解消する。

ファッションヘッドラインよりhttp://www.fashion-headline.com/article/2013/03/21/1050.html

 

というように東レや旭化成の技術力を駆使し、共同開発した特殊な繊維が使われています。

注目すべきは吸汗速乾性、吸放湿、放熱

私たちの体は栄養を代謝がおこなわれているので、その際に熱が発生しています。

ランニング中は代謝が盛んになるので、それにつられて熱の発生も盛んになります。

ここで熱が上がり続けては困るので、私たちの体には熱を放散する仕組みがあります。その一つが蒸発です。

熱放散の仕組み 蒸発

気化熱という言葉を聞いたことがあると思います。

 

気化熱は、液体が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。

液体が蒸発するためには熱が必要なので、液体が接しているものから(汗であれば皮膚から)熱を奪って蒸発するのです。

体が濡れたままの状態だと寒いですよね?あれは皮膚からどんどん熱が奪われていくからなんですね。

 

エアリズムには吸汗速乾性があります。なので汗を吸って素早く蒸発させてくれるわけです。

液体が蒸発するときに熱が奪われていくので、エアリズムを着ていると涼しく感じますよねってことなんです。

だから吸汗速乾性に優れたエアリズムを着てランニングするといいよねという話です。

熱放散の仕組み 対流

風が吹いて皮膚面の空気に対流が起こると、皮膚面の空気が入れ替わることでも熱放散が促進されます。

うちわや扇風機で涼しく感じるのはこういう理由が関係しています。

 

対流がない場合、皮膚温と同じ温度になった空気数ミリの厚さの層になり、皮膚面を覆っているので暑く感じてしまいます。

 

つまり熱放散を助けるためには、風通しをよくしてあげることも大事ということです。

汗でインナーが皮膚にべったりくっついてしまうと、空気の入れ替えが起こらないので暑く感じます。

その点エアリズムは速乾性に優れているし、繊維(生地)自体もサラッとしているため、この対流による熱放散の仕組みを活かすことができます。

関連記事 暑い時のランニングの便利アイテム!暑さ対策おすすめ5選!

まとめ

エアリズムの速乾性で蒸発を促進。気化熱による熱放散が捗る!

エアリズムのサラッとした繊維で皮膚面の空気の対流が促進され熱放散が捗る!

でも暑い日のランニングに無理は禁物だからほどほどに!

 - ランニングアイテム, 生理学 ,