推薦入試にもし落ちたら人生終わるのか問題

      2020/03/07

process-2898051_640

受験シーズンなので学生さん向けに受験のお話をひとつ。

このブログを書いている人は2人とも私立高校の推薦入試経験者です。

昔は私立の推薦入試は落ちることはほとんどなかったのですが、最近はそうでもないみたいです。

でも入試に合格しなかったからといって悲観しなくても大丈夫です。

今回は、橘玲氏の著書「人生は攻略できる・お金と仕事と幸せの授業」から受験で第一志望のとこにいけなくても人生には問題ないという話をしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

本を読む時間がないなら耳で聞く!Amazonオーディブルを30日間無料お試し

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

高校進学のときには、当時の陸上競技の名門校の中京大中京高校、愛知高校、愛工大名電高校などから話があったスポーツ推薦入試の経験者です。

受験でミスっても大丈夫

受験(または就職活動)で失敗したら大変なことになるというのは間違いです。

受験生のみなさん安心してください。

本当に大変なことになってしまうのは、年をとってからの大きな失敗なのです。

年をとると選択肢が少なく挽回できないのです。

試験は運も関係する

試験の結果は実力ではなく運の要素もあります。

このことに関して次のような研究があります。

高校受験で1点差で不合格になった運の悪い学生を集め、1点差で合格できた運のいい学生のその後の人生と比較しました。

結果は、高校受験で上手くいかなかった生徒も一流大学に進学し、大学受験に失敗しても一流企業に就職しているのです。

もし第一志望の学校にいけなくても悲観する必要はありません。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

受験など若いうちの失敗はまだまだ挽回できるから心配ない。

受験は運もあるが、1点差で不合格になった学生もその後は一流学校に進学したり、一流企業に就職したりしているという研究もある。

本当に大変なのは年をとってからの大きな失敗。

今回の参考文献は、著書「人生は攻略できる・お金と仕事と幸せの授業」でした。
最初の一冊は無料!両手や目がふさがっていても本の内容が耳から聞けるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - 未分類