除脂肪体重が少ないとランニングのパフォーマンスが落ちる

      2020/03/07

amaG0I9A8314045135013_TP_V

ランニングに限らず、スポーツのパフォーマンスを高めるには無駄な体脂肪を減らすことが大切です。

さらに除脂肪体重を増やすこともパフォーマンスを高めるために重要な要素です。

今回は、著書「スポーツ栄養学・科学の基礎からなぜ?にこたえる」からスポーツパフォーマンスと除脂肪体重についてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。
本を読む時間がないなら耳から聞く!Amazonオーディブルを30日間無料お試し!

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

除脂肪体重とは

パフォーマンスを高めるには除脂肪体重を増やすことが大切です。

除脂肪体重とは、体重から体脂肪量の重さを引いた体重のことです。

体脂肪が低ければ残りの体重が大きくなります。

なので、除脂肪体重を増やすためには体脂肪を減らすことが大切です。

体脂肪を減らす以外にも除脂肪体重を増やすには、筋肉量を増やすことも必要です。

除脂肪体重の求め方

除脂肪体重は、つぎの計算式で求めることができます。

除脂肪体重=体重-体重×(体脂肪率÷100)

たとえば、体重60キロで、体脂肪率が20%の人ならば式に当てはめると、次のようになります

60-60×(20÷100)=60-60×0.2

60-1.2=58.8

となるので、この人の除脂肪体重は58. 8キロとなります。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。す

スポーツのパフォーマンスを高めるには体脂肪を減らし、除脂肪体重を増やすことが大切です。

除脂肪体重は、次の式で計算できます。

除脂肪体重=体重-体重×(体脂肪率÷100)

今回の参考文献は、著書「スポーツ栄養学・科学の基礎からなぜ?にこたえる」でした。

最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - レース・大会, 健康