睡眠不足は肥満につながりマラソンのパフォーマンスに影響するという話

   

amaG0I9A8314045135013_TP_V

ランニングのパフォーマンスを上げたければ睡眠時間を確保しましょう。

睡眠時間が短い人は、肥満になりやすいことがわかっています。

今回は、著書「スタンフォード式最高の睡眠」から睡眠時間と肥満の関係についてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

本を読む時間がないなら耳から聞く!Amazonオーディブルを30日間無料でお試し!

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

短時間睡眠は太りやすい

短時間睡眠は肥満につながりやすいことがわかってます。

睡眠時間が短いと、食べすぎを抑制するレプチンというホルモンが出にくくなります。

そのため、ついつい食べ過ぎてしまい摂取カロリーが増えてしまい肥満になりやすいです。

また、眠らないと、食欲を増すグレリンというホルモンが出てしまいます。

つまり、睡眠時間を確保して、食べ過ぎを抑えるレプチンと、食欲を増すグレリンの2つのホルモンのバランスを整えることが大切なのです。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

睡眠時間が短いと、食べすぎを抑制するホルモンが出にくくなります。

また、食欲を増すホルモンが分泌さへてしまいます。

睡眠時間を確保してこれらのホルモンのバランスを整え、食欲を安定させ、肥満を予防することでランニングのパフォーマンスを高めましょう。

今回の参考文献は、著書「スタンフォード式最高の睡眠」でした。

最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - レース・大会, 健康