ランニングをしないとマインドフルネス度が下がる

   

active-84646_640

ヨガや瞑想などに代表される近年なにかと話題のマインドフルネス。

マインドフルネスは「今、この状況」に集中することでさまざまな健康面のメリットがあります。

そんなすばらしいマインドフルネスですが、実はランニングでもマインドフルネス度が上昇することが研究で証明されています。

今回は、著書「最高の体調」からランニングとマインドフルネスについてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

本を読む時間がないなら耳で聞く!Amazonオーディブルを30日間無料お試し!

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

マインドフルネスとは?メリットは?

ヨガや瞑想などに代表されるマインドフルネスは今の状況に集中できます。

これの何がいいかというと、未来の不安から解き放たれるということです。

現代のように選択肢が豊富な社会では未来の姿はいくつも分岐します。

それによりあいまいな将来に不安が起こるのです。

マインドフルネスは「今、この状況」だけに思考を集中するので将来への不安が解消され、それにともなうストレスも軽減できるのです。

ランニングでマインドフルネスを高める

研究によるとランニングはマインドフルネス度を高めます。

次のような研究があります。

被験者は、時速7キロの軽いランニングを週に2時間ずつ続けました。

12週間後には有意にマインドフルネス度が上昇したのです。

週に2時間、1日あたり15〜20分くらいゆっくり走ればいいのでハードルはまあまあ低いです。

マインドフルネスを高め、ストレスの少ない生活を手に入れましょう。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

マインドフルネス度が高いと「今、ここ」に集中できるので、漠然とした将来の不安から解放されます。

研究では時速7キロの軽いランニングを週に2時間ずつ続けたところ、12週間後には有意にマインドフルネス度が上昇しました。

今回の参考文献は、著書「最高の体調」でした。

最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - ランニング練習方法, 健康