ランニングの日焼け対策は日焼け止めを塗り直すこと

   

running-573762_640

あなたのランニング中の日焼け対策はいかがでしょうか?

日焼け止め?

キャップ?

サングラス?

アームカバー?

たしかにどれも大事です。

とくに日焼け止めに関しては、塗り直しがとにかく大事です。

今回は、著書「最高のパフォーマンスを実現する超健康法」からランニング中の日焼け対策についてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。
本を読む時間がないなら耳から聞く!Amazonオーディブルを30日間無料でお試し!

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

日焼け止め使うなら塗りなおしが大事

日焼け対策として、日焼け止めのクリームを使うという人は多いでしょう。

では、どれくらい塗ればいいのでしょうか?

このことに関しては、塗り直しが肝心だということがわかっています。

SPFの高さよりも、塗り直しを意識しましょう。

目安としては2時間おきです。

日焼け止め選びのポイント

塗り直しが大事ですが、種類も大事です。

とくに意識して選ぶべき日焼け止めは、広域スペクトラムという機能がついているものを選ぶといいでしょう。

これは、いろいろな波長を吸収してくれる日焼け止めです。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

日焼け止めは、SPFの高さよりも、塗り直しを意識しましょう。

目安としては2時間おきです。

意識して選ぶべき日焼け止めは、広域スペクトラムという機能がついているものを選ぶといいでしょう。

これは、いろいろな波長を吸収してくれる日焼け止めです。

今回の参考文献は、著書「最高のパフォーマンスを実現する超健康法」でした。
最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - ランニングアイテム, ランニング練習方法