脊柱側彎症とは?症状、治療などかんたんに説明!

      2018/10/14

shield-1264826_640

脊柱側彎症の症状や治し方についてかんたんに説明します。

なお、治療は必ず専門医の評価、対処に従いましょう。

参考にしてみてください。

脊柱側彎症とは

脊柱側彎症(読み方:せきちゅうそくわんしょう)は、読んで字のごとく脊柱が側方へ彎曲した状態をいいます。

側彎は、単に側方にずれただけでなく、脊椎の回旋や前彎を伴う三次元的な変形となります。

脊柱側彎症は非構築性と構築性の2つに大きく分けることができます。

非構築性側彎症

非構築性は、元となる疾患により二次的に生じた側彎や、習慣性の不良姿勢などが原因です。脊椎自体に異常はありません

臥位になって重力を除けば、自力で側彎を矯正することも可能です。

疾患や原因が治癒すれば、側彎も治るような可逆性です。

構築性側彎症

反対に、構築性は脊椎自体に原因があって側彎を生じるものです。

非構築性のように自力で矯正はできません

先天性、神経筋疾患、遺伝性、外傷によるものなどがありますが、もっとも多いのは原因不明の特発性(乳児期側彎症、学童期側彎症、思春期側彎症)です。

もっとも多い特発性側彎症

全側彎症のうち70〜80%を占めます。

多くは成長期に発見され、進行することがあります。

発症年齢によって次のように分類されます。

・乳幼児側彎症(3歳未満)

・学童期側彎症(3〜10歳)

・思春期側彎症(11歳以上)

側彎症の症状、検査

立った姿勢を後ろから見たときの姿で評価します。

肩、骨盤の高さが違う。

どちらかの肩甲骨が浮き出ている

体幹の側方偏位がある。

胸部の変形

ウエストラインの左右非対称。

体幹部を前屈したときに肋骨隆起を確認できる。

などが評価項目としてあります。

治療

専門医の指導に従いましょう。

軽症例では、運動療法による経過観察。運動療法の参考動画です。

中等度(Cobb角20°以上)で進行性のものは装具療法

重症(Cobb角50°以上)のものは手術療法が考慮されます。

リッサーサイン

特発性側彎症は骨の成長期に進行する可能性があるので、骨がもう成長しないかどうか成熟度を確認することが重要です。

そこでリッサーサインが指標になります。

これは、腸骨稜の骨端核が成長し、骨端線が完全に閉鎖したかの指標です。骨端線が閉鎖していれば成長完了のサインといえます。

リッサーサインは5段階評価です。X線撮影の前後像で腸骨稜を4等分します。それぞれ、1、2、3、4とし、すべて揃って5とします。だいたい17〜19歳ころにすべて揃います。

まとめ

側彎症は原因不明の特発性がほとんどを占める。

肩や骨盤の高さ、ウエストラインの非対称などがないか成長期に確認しよう。

早期に発見し、専門医からの評価、対処を受けよう。

 - 健康, 解剖学