コンプレッションタイツ・ウェアはパフォーマンスを下げる・・・人もいる

   

young-woman-2699780_640

コンプレッションウェアを着ることでいくつかのメリットがあるので、コンプレッションウェアを着てマラソン大会に出るというランナーもいます。

しかし、実験ではコンプレッションウェアを着ることでパフォーマンスが低下する人がいることも事実です。

今回は、著書「良いトレーニング、無駄なトレーニング」からコンプレッションウェアを着ることのメリット、デメリットのお話をします。

ぜひ参考にしてみてください。

本を読む時間がないなら耳で聞く!Amazonオーディブルを30日間無料お試し

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。
競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

コンプレッションウェアでパフォーマンスが低下する

実験では、コンプレッションウェアを着ることでパフォーマンスが低下する人もいます。

一方でコンプレッションウェアを着ることでパフォーマンスを向上する人もいます。

コンプレッションウェアの効果は心理的な面もある可能性が考えられます。

コンプレッションウェアのメリット

コンプレッションウェアの着用に心理的な面もあるのなら、コンプレッションウェアを着ることのメリットをいくつか紹介します。

コンプレッションウェアを着ることのメリットは以下のものがあります。

心臓に血液を戻す速度を上げる

筋肉痛からの迅速な回復

圧迫することで空気抵抗を減らす

などです。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

コンプレッションウェアを着ることでパフォーマンスが上がる人もいれば、下がる人もいる。

コンプレッションウェアの効果はいくつかあるが、心理的な効果も影響することが考えられる。

今回の参考文献は、著書「良いトレーニング、無駄なトレーニング」でした。
最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。

 - ランニング練習方法, レース・大会