上り坂を走るときのランニングフォームのポイント

   

marathon-1236351_640

上り坂を走るときのランニングフォームについて説明していきます。

平地を走るときのランニングフォームと大きく変わることはないのですが、いくつかのポイントを意識すると楽に走れるようになります。

今回は、著書「最高の走り方」から上り坂を走るときのランニングフォームのポイントについてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

本を読む時間がないなら耳から聞く!Amazonオーディブルを30日間無料でお試し!

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

上り坂のランニングフォームのポイント

上り坂を走るときのランニングフォームのポイントを説明します。

上り坂を走るフォームのポイント

前傾を深くしましょう。

これにより、進行方向への体重移動をスムーズにします。

軸足(地面に着いてる側の脚)にしっかり乗り込み、地面を押すようにしましょう。

肩甲骨が動くように、しっかり前後に腕振りをしましょう。

脚だけの力ではなく、身体の回旋の力も使うことで楽に走れます。

腕振りは下から斜め上への意識があると上り坂が走りやすくなります。

遊脚(蹴った側の脚)はリラックスしましょう。

体重で上り坂の走り方を変えてみる

上り坂を走るときは、体重によって走り方のポイントが少しだけ異なります。

上り坂を走るとき、体重が重いひとは地面を押すイメージがいいでしょう。

イメージ的には、今井正人選手や柏原竜二選手のような走り方です。

体重が軽いひとは、遊脚相の振り上げた脚で坂を登るイメージがいいでしょう。イメージ的には、神野大地選手のような走り方です。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

上り坂を走るフォームのポイント

前傾は深めにします。

軸足にしっかり乗り込み地面を押します。体重が軽めの人は蹴った側の脚で登っていくイメージです。

肩甲骨が動くよう前後に腕振りします。

腕振りは下から斜め上へのイメージです。

遊脚はリラックスしましょう。

今回の参考文献は、著書「最高の走り方」でした。

最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - ランニングフォーム, レース・大会