下り坂のランニングフォームのポイント

   

action-1837158_640

前回は上り坂のランニングフォームのポイントを解説しました。

上り坂の走り方のポイントがあるように、もちろん下り坂のランニングフォームのポイントもあります。

今回は、前回に引き続き、著書「最高の走り方」から下り坂のランニングフォームのポイントについてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。
本を読む時間がないなら耳から聞く!Amazonオーディブルを30日間無料でお試し!

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

下り坂のランニングフォームのポイント

下り坂を走るフォームのポイントは以下のことがあります。

姿勢は垂直に保ちます。

上体を反らせないようにします。

足首や膝でなく、股関節で地面をとらえるイメージを持つといいでしょう。

膝をリラックスし、素早く切り返す、つまり、ピッチを意識するといいでしょう。

ストライドは大きくしないように気をつけましょう。

ストライドを広げて坂を下ると、大きなブレーキを受け止めることになります。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

姿勢は垂直に保ちます。

上体を反らせないようにしましょう。

足首や膝でなく、股関節で地面をとらえましょう。

膝をリラックスし、ピッチを意識します。

ストライドは狭めでブレーキをかけないようにしましょう。

今回の参考文献は、著書「最高の走り方」でした。

最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - ランニングフォーム