トレイルランで人生の満足度が上がるかもという話

      2020/03/22

NKD2017_DSC5445_TP_V4

山を走って駆け抜ける、トレイルランニング通称トレランをすることであなたの人生の満足度が上がるかもしれません。

壮大な自然との触れ合いにより満足度が上がるという研究があります。

最近疲れている、ストレスを感じている人は、ぜひトレイルランニングをしてみましょう。

今回は、著書「最高の体調」から自然との触れ合いと人生の満足度の関係についてお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

本を読む時間がないなら耳から聞く!Amazonオーディブルを30日間無料お試し!

このブログは、陸上競技経験者であり、接骨院の先生の国家資格を持ち、300件以上の指導実績があるランニングインストラクターの2人で作成しています。

競技実績
東海選手権5000m競歩第2位
フルマラソン2時間36分台
5000m14分台 など

自然との触れ合いで人生の満足度が上がる

スタンフォード大学の研究で、壮大な海や山を映した動画を被験者に見せました。

その結果、被験者は人生の満足度があがり、チャリティなどへの寄付を行う気持ちも増えたという結果が出ました。

さらに、主観的な時間感覚が長くなったという結果も出ています。

時間に追われていると感じているなら山を走るトレイルランニングをやってみるといいでしょう。

自然との触れ合いは炎症レベルも下がる

自分の理解を超えるような対象に触れたときに湧き上がる感情を多く体験するほど、心理的な不安や体内の炎症レベルが低くなります。

理解を超えるような対象としては、人間では作ることができない、つまり自然が作り出した絶景などがわかりやすいでしょう。

また、自然とのふれあいにより、リラックスしているときに働く副交感神経が活性化することがわかっています。

その効果量はd=0.71です。

マッサージなどのリラクゼーションでは、副交感神経の活性レベルは0.57なので、自然とのふれあいの数値を下回ります。

リラックス時に働く副交感神経を活性化させるなら、マッサージよりも自然との触れ合いがあるトレイルランニングがおすすめといえるでしょう。

まとめ

今回のお話しをかんたんにまとめていきます。

スタンフォード大学の研究では、壮大な海や山を映した動画を被験者に見たところ、人生の満足度があがり、チャリティなどへの寄付を行う気持ちも増えたという結果が出ました。

自分の理解を超えるような対象に触れたときに湧き上がる感情を多く体験するほど、心理的な不安や体内の炎症レベルが低くなります。

自然とのふれあいにより、リラックスしているときに働く副交感神経は活性化することがわかっています。その効果はマッサージよりも高いことがわかっています。

自然と触れ合えるトレイルランニングがおすすめです。

今回の参考文献は、著書「最高の体調」でした。

最初の1冊は無料!本を読むなら両手や目がふさがっていても読めるアマゾンオーディブルがおススメです。


Kindle Unlimitedは月額980円で本読み放題!30日間無料体験!

 - ランニング練習方法, 健康