マラソン初心者必見!良いランニングフォームの共通点!着地と膝と骨盤がポイント!

      2018/03/28

ok-2385794_640

ランニングフォームにはある程度の個人差があるものです。

しかし、そんな中でも「いいランニングフォーム」にはいくつか共通するポイントがあります。

今回はそのポイントを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

いいランニングフォームとは!3つの共通するポイント

①着地時(接地時)に支持脚があまり深く曲がらない

②ブレーキ動作が少なく、体の真下に置く感覚の着地

③適度な前傾姿勢

以上です。

悪いランニングフォームはこれの逆

先述した①〜③悪いフォームということができます。

腰が後ろに引けることで前傾ができず接地が体の真下にできない、さらに接地した時に膝が深く曲がっているとなるのは悪いフォームです。

腰が後ろに引けている状態で、前傾しようとする人がたまにいます。

それは前傾ではなく、体幹の前屈であり別物です。それではスピードは出ません。

いいランニングフォームを身につけるために

まずおすすめなのが、その場で足踏みをするという動きづくりです。

これで、体の真下に着地する感覚と、着地時に膝が深く曲がらない感覚を身につけます。

このとき、支持脚でしっかりと自分の体重を支えることをよく意識するといいでしょう。

さらにこの動きづくりをやるときに骨盤を前傾させるといいです。

また、ブレーキが少ない着地を練習するにはスキップゆるい下り坂を走ることが効果的です。

下り坂を走るときは、体が後傾しないようにしましょう。

ランニングフォームは普段の意識が大事

効率のいいランニングフォームは毎回の練習で意識することで身につきます。

何も考えずに走っているうちは、いいフォームは身につきません。

また、いいフォームを持続するために体幹部の補強(筋トレ)も必要です。

筋力が弱いと、いい姿勢(フォーム)を維持できないからです。

ランニングはただ走ればいいという考え方を変えていきましょう。

効率のいいフォームを理解しそれを持続できれば、楽に走ることはできるのです。

まとめ

いいランニングフォームの共通点は、

①着地時(接地時)に支持脚があまり深く曲がらない

②ブレーキ動作が少なく、体の真下に置く感覚の着地

③適度な前傾姿勢

いいフォームを維持するための体幹トレーニングも忘れずに!

 - ランニングフォーム, ランニング初心者